新耐震設計基準の物件とはどのような特徴がありますか?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

【「熊本地震」により被災された皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。被災地の皆さまの一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。】

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 新耐震設計基準の物件とはどのような特徴がありますか?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2016年03

新耐震設計基準の物件とはどのような特徴がありますか?

シェア
ツイート
LINEで送る
昭和56年1月に建築基準法施工令が改正され、新耐震基準が制定されました。

それまでの基準では、中規模地震(震度5強程度)の時に建物が倒壊しないことを求められていただけで、大規模地震(震度6〜7程度)の場合の基準がありませんでした。

しかし新耐震基準では、中規模地震では建物がほとんど損傷しないこと、そして、大規模地震でも建物内の人間の安全を確保することが基準とされ、より厳しくなりました。
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
旧耐震基準から新耐震に切り替わった時期は、昭和56年5月31日に変更になりました。

この日を境に建築基準方が大きく改正されたので、基本的に新耐震の建物の方が強い建築物と言われております。

ただ6月以降に建築していても建築確認の取得日によって旧耐震になっていることもあるので、注意が必要になります。
  • 東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
    TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

  • 富士企画株式会社
  • 富士企画は不動産投資物件に特化した会社です。
    東京都新宿区の富士企画株式会社は不動産投資専門の会社で、投資物件、収益不動産の市場に出回らない投資不動産の紹介と事業承継問題に取り組む投資専門アドバイザーです。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[賃貸経営博士からのお知らせ]

PAGE TOP