不動産投資でよく耳にするキャッシュフローとは? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

【「熊本地震」により被災された皆さまに対し、心よりお見舞いを申し上げます。被災地の皆さまの一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。】

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 不動産投資でよく耳にするキャッシュフローとは? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2014年4月

不動産投資でよく耳にするキャッシュフローとはどのようなことでしょうか?

シェア
ツイート
LINEで送る
キャッシュフローは、現金の流れをいいます。

「現金収入」から「現金支出」を引いた、「手元に残る現金」を指します。

不動産投資の場合では 、「現金収入」は家賃、礼金、更新料など。
「現金支出」は公租公課、修繕費、管理手数料、保険料、ローン返済、雑費などを指します。

キャッシュフローには、敷金、未回収家賃、減価償却費は含まず、ローン返済を計上するのが特徴です。
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
キャッシュフローは不動産投資で獲得できる収入になります。

この金額ができる限り多く残る不動産投資をされる事が重要です。

キャッシュフローを 増やすには、例えば銀行からの借入利率を低くする、節税できる物件を選ぶ、費用効率を考えて管理会社を選ぶ、築年数を考える等、様々な要素がキャシュフローに影響を与えます。
  • 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
    TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

  • 日本AMサービス
  • 日本AMサービスの堂下と申します。 長年の経済不況、今後訪れる少子高齢化社会、消費税の増税、不動産大家さんにとっては非常に厳しい経済市況だと思います。今後、今以上に「勝ち組」「負け組」大家さんの差がはっきりしてくると思います。 日本AMサービスでは賃貸、売買、管理、不動産ファンド運用経験に基づいて、不動産価値の「最大化」を追求させて頂きます。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[賃貸経営博士からのお知らせ]

PAGE TOP