収益物件の売買契約を解除する際にかかる費用は?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 収益物件の売買契約を解除する際にかかる費用は?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2016年5月

収益物件の売買契約を解除する際にかかる費用は?

シェア
ツイート
LINEで送る
売買契約を解除する際にかかる費用としましては、

@手付解除期間内であれば「手付金の放棄」で済みます。

A期間を経過した後であれば「違約金」の支払いとなります。

「違約金」の金額は、手付金相当額、売買金額の10%、売買金額の20%などがあります。

いずれにしても、一旦交わした契約を解除するには、ペナルティがかかりますので、慎重に契約を交わすことをお勧めします。
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
売買契約を解除する理由に依ってかかる費用が異なります。

@融資が予定通りの融資額、期間などの受けることが出来なかった場合は、ローン特約解除で白紙解約をするケースが多いです。
こちらは白紙解約なので、払った手付金は全額戻って来ますので費用は0円です。

A手付解約の場合。こちらは契約をして手付金を放棄してその契約を辞めることが出来るので、掛かる費用は手付金です。

@、Aともそれぞれ期限が定められておりますので、その期日内に解約の意思を相手に伝えることが大切です。

B上記以外での解約は全て違約による解約になりますので、売買金額の10%〜20%のケースが多いです。
こちらは契約書に依ってずれがあります。
宅建協会での書式では20%と書かれております。

A、Bに関しては、契約は成立をしているので、上記で説明したことと別に不動産会社に支払う仲介手数料が発生致します。
仲介手数料は売買金額の3%+6万の消費税(売買金額が400万以上の場合)かかります。

解約する予定がある場合は契約自体をちゃんと考えた方がいいですし、融資の利用をする場合はローン特約を必ずつけてください。
  • 東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
    TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

  • 富士企画株式会社
  • 富士企画は不動産投資物件に特化した会社です。
    東京都新宿区の富士企画株式会社は不動産投資専門の会社で、投資物件、収益不動産の市場に出回らない投資不動産の紹介と事業承継問題に取り組む投資専門アドバイザーです。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP