キャッシュフローを増やすために、収益物件を購入する際のローン返済期間・頭金などのポイントは? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

  • ×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
不動産投資 > 購入 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > キャッシュフローを増やすために、収益物件を購入する際のローン返済期間・頭金などのポイントは? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!

2015年9月

出来るだけキャッシュフローを増やしたいと考えているのですが、収益物件を購入する際のポイントを教えてください。(ローンの返済期間や頭金の割合などにポイントはありますか?)

シェア
ツイート
LINEで送る
一言でキャッシュ・フローを増やすと言っても、様々な要素があると思います。
できる限り利回りの良い物件を購入するというのはとても安易な考えで難しい事です。不動産投資を行う上で一番と言ってよいほど重要な事は物件にかかる費用をできる限り抑える事です。

これはけちるのではなく、できる限り効率的に運用を行う事だと思います。それには管理会社の能力だったり、それを選ぶ皆さんの目利き能力だと思います。不動産投資のうまい下手は皆さんの能力や感覚が大きく影響するものだと思います。

また特に費用の部分で大きく影響するのが借入金利だと思います。投資用物件を購入する際に業者に言われるがまま融資も行い、言われるがままの金利で借りている方を多く見かけます。借入金利はコンマ数%変わるだけで本当に大きく支払利息がかわります。

こうして購入時、運用時の経費に影響する事を考える事でキャッシュ・フローを増やせる不動産投資ができるのではないでしょうか。
  • 東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
    TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

  • 日本AMサービス
  • 日本AMサービスの堂下と申します。 長年の経済不況、今後訪れる少子高齢化社会、消費税の増税、不動産大家さんにとっては非常に厳しい経済市況だと思います。今後、今以上に「勝ち組」「負け組」大家さんの差がはっきりしてくると思います。 日本AMサービスでは賃貸、売買、管理、不動産ファンド運用経験に基づいて、不動産価値の「最大化」を追求させて頂きます。
ローンを組みながらキャッシュフローを増やしたいのであれば、基本的に@ローンを長く組むこと、A頭金の割合を増やすことがポイントになります。
ローンを長く組む、ローン金額を減らすことによって、月々の返済額を減らし、キャッシュフローが増えるからです。

ただ長期のローンは金利変動や建物劣化を考えるとリスクが高いと考えられます。現実的には、頭金を2-3割入れて、15年くらいのローンででキャッシュフローが出るような組み方をするのが理想です。
  • 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
    TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

  • 株式会社リッチロード
  • アパート経営とマンション経営のリッチロード不動産投資。東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の売りアパートと投資マンションの投資物件情報を常時3000件以上掲載しております。その他、13年以上の実績あるリッチロード不動産投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。
金融機関からの借り入れをしてキャッシュフローを増やすには、融資期間を長く、金利を低くここを意識するのと、現金を投入して毎月の返済額を抑える以外方法はありません。

でも実際は購入物件の場所、築年数に依っても組める金融機関も異なって来ます。買われる方の属性に依っても色々な条件が異なって来ます。
詳しくはアパートローンを多く取り扱っている不動産会社に相談させれるといいと思います。

金融機関に直接聞くより、不動産屋さんは色々な金融機関さんの情報を持っておりますので!
  • 東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
    TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

  • 富士企画株式会社
  • 富士企画は不動産投資物件に特化した会社です。
    東京都新宿区の富士企画株式会社は不動産投資専門の会社で、投資物件、収益不動産の市場に出回らない投資不動産の紹介と事業承継問題に取り組む投資専門アドバイザーです。
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

新着!大家さんのお悩み相談
大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

[不動産投資博士からのお知らせ]

PAGE TOP