積算評価計算シミュレーター|不動産投資博士

不動産投資 > 積算評価計算シミュレーター
積算評価計算シミュレーター

積算評価計算シミュレーターは一定のデータに基づいて自動計算された値が表示されます。
あくまでも目安としてご利用ください。

※路線価の値は下記の国税庁ホームページを参照してください。 路線価図・評価倍率表(国税庁)

※耐用年数 :建物構造から自動で算出されます
軽量鉄骨造:19年  木造   :22年
鉄骨造  :34年  SRC・RC造:47年

※標準建築費は国税庁のデータに基づいた値を使用しています。 建物の標準的な建築価額表
(出典:国税庁ホームページ)

土地
敷地面積 u※半角数字(少数第2位まで)
路線価 千円※半角数字(少数第1位まで)
建物
建物面積 u※半角数字(少数第2位まで)
建物構造
築年数
標準建築費 -万円
耐用年数 -
積算評価計算シミュレート結果
建物-
土地-
総合評価額-
積算評価って?

積算法は、不動産の鑑定評価方式である原価方式のうち、賃料を求める手法のことをいいます。
他に、「収益還元法」で物件価値を評価する方法もあります。

土地と建物それぞれの担保評価に即して価値を測り、土地は路線価をもとにいくらの価値があるのか、建物は「その物件を再調達(再建築)したらいくらかかるのか」という再調達原価に調整を加えて計算し、それらの合計がその物件の価値ということになります。

この手法で求めた価格を「積算価格」といいます。計算は下記の通りです。

積算価格 = 土地の価値 + 建物の価値
= (路線価×土地面積) + (新築価×(残存法定耐用年数/法定耐用年数)×延床面積)
路線価 ある道路に面している土地が、平米あたりいくらの価値を持つか、という指標の1つです。
新築価 新しく同じ建物を立てると仮定したとき、床面積あたりいくらかかるのか、という指標です。 残存法定耐用年数 法定耐用年数から築年数を引いた値です。 築年数は、建物が作られてから何年経過を指します。 年数が経つほど、価値が減少したとみなされます。 延床面積 建物の延床面積です。