投資用不動産向け融資が通りにくくなった?昨今のローン事情とは?|不動産投資博士

>
>
>
>
投資用不動産向け融資が通りにくくなった?昨今のローン事情とは?
勉強しよう

投資用不動産向け融資が通りにくくなった?
昨今のローン事情とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

融資が通りにくくなった?昨今のローン事情とは

自己資金20%を求められるようになった、年収1,000万円以上、など融資が厳しくなっているという話が聞かれるようになりました。

スルガ銀行に対する金融庁の立ち入り検査を契機に融資が厳しくなったと言われていますが、
日銀が公表しているデータによると、投資用不動産向け(個人による貸家業)融資の新規貸出は2016年をピークに減少しています。

金融庁は、数年前からアパートローンの大幅な貸出増に警鐘を鳴らしていたので、新規融資の減少は始まっていました。


栄不動産株式会社
部長 吉田和久
■所在地:〒152-0002
 東京都目黒区目黒本町3-5-7 プリマヴェーラ202
■連絡先:(TEL)03-6412-7498 (FAX)03-6412-7499
■HP:会社概要はこちら
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

AD

無料売却査定依頼

収益物件クイック検索

⇒詳細条件から検索をする

無料売却査定依頼