底地を相続します。底地は税務上不利ですか?その理由は?売却した方がいいのでしょうか?|不動産投資博士

>
>
>
>
底地を相続します。底地は税務上不利ですか?その理由は?売却した方がいいのでしょうか?
勉強しよう

底地を相続します。底地は税務上不利ですか?その理由は?売却した方がいいのでしょうか?

シェア
ツイート
LINEで送る

底地の相続は税務上不利?メリットとデメリットは?

土地を借りて建物を建築するケースがあります。
この場合、土地を借りる権利を借地権といい、元々の土地所有者の権利を貸宅地( 底地) といいます。

■底地を相続することのメリット・デメリット
まず、底地を相続すると税務上不利と言われている理由については、次の通りです。
相続時→相続時に底地評価として相続税が課税される。納税資金になりずらい。また、土地相続登記の際、更地相続同様に印紙税が課税される。
相続後→底地を保有することになるため固定資産税等の負担がある。

続いて、税務以外も含めて底地のメリット・デメリットを整理してみましょう。


wish 会計事務所
代表/税理士 小林 直樹
■所在地:〒173-0004
 東京都板橋区板橋1-53-2 TM21 ビル302号室
■連絡先:(TEL)03-5944-2850
■HP:HPはこちら
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

AD

あなたにおすすめの収益物件

無料売却査定依頼

収益物件クイック検索

⇒詳細条件から検索をする

無料売却査定依頼