収益物件を購入したが、ローンの返済が困難に。このままだと差し押さえに…売却すべき?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 返済 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 収益物件を購入したが、ローンの返済が困難に。このままだと差し押さえに…売却すべき?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2015年12月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

収益物件を購入したが、ローンの返済が困難に。このままだと差し押さえで競売に…売却すべき?

CASE 2収益物件を購入したが、ローンの返済が困難に。このままだと差し押さえで競売に…売却すべき?

シェア
ツイート
LINEで送る

近年、ゼロエク投資と言われている、手元資金0円で不動産投資をされる方が非常に多くなっています。

これは投資の側面から言うと究極のリターンを得ることができるように思われがちですが、その反面借入額が大きくなるため、年間の収入が退去などで少しでも下がってしまうと、借入金の返済に困窮し持ち出しが発生してしまいます。

多くの方が手元資金を拠出して借入金を返済しますが、結局返済できずに銀行主導で安価で売却されてしまう事もあります。
そうなる前に銀行との協議をしてすぐに売却活動に移った方が良いと思います。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

富士企画では、任売も取り扱ておりますが、基本的には不動産会社に相談をして売却をした方がいいと思います。

慣れている不動産会社であれば、債権者との話も対応してくれます。

また、返済が困難になった理由が、入居の問題であれば入居をつける営業活動をした方がいいですし、その他の原因でも、差し押さえを回避できるケースも多々ありました。
債権者に相談するより、経験豊富な不動産会社や詳しい方への相談をお勧め致します。
富士企画株式会社
回答会社

東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

ローンの返済が厳しいのであれば、早急に、借入先の銀行と相談するのが良いと思います。

条件次第では、ローン期間の延長による月々返済額の減額や、他銀行への借り換え、そして売却なども視野に入ってくると思います。

ひとりで考え込まないで、どんどん相談して見たら良いともいます。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

シェア
ツイート
LINEで送る

AD

vAv

PAGE TOP