不動産投資・マンション購入で生命保険代わりになる!銀行からの融資と団体信用生命保険とは?|不動産投資博士

>
>
>
>
不動産投資・マンション購入で生命保険代わりになる!銀行からの融資と団体信用生命保険とは?

不動産投資・マンション購入で生命保険代わりになる!銀行からの融資と団体信用生命保険とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

不動産投資・マンション購入で生命保険代わりになる!銀行からの融資と団体信用生命保険とは?
不動産投資が生命保険代わりになる?と聞くと「??・・・」となる方もいらっしゃるかもしれませんが、不動産投資は生命保険としての役割を果たすだけでなく、生命保険を上回る要素を持っています。
不動産投資が生命保険になる仕組みとは?
通常不動産購入の際、銀行から融資を受ける(ローンで購入する)場合、団体信用生命保険(団信)へ加入することになります。

団体信用生命保険とは、長期で高額なローンを組んだ人が万が一の事態があって亡くなってしまった場合に、保険会社がローンの残債を金融機関に本人の代わりに支払ってくれる保険になります。団体信用生命保険は最大1物件につき1億円を上限に金融機関に支払われます。また、高度障害などの際にも団体信用生命保険は適用されます。

一度加入している生命保険の見直しも含めて不動産投資を検討してみる価値はあるぞ!
重要なことはそれぞれのメリット・デメリットを理解することじゃ!

シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

AD

無料売却査定依頼

収益物件クイック検索

⇒詳細条件から検索をする

無料売却査定依頼