空室対策?売却?賃貸経営12年目(ワンルーム8部屋、賃貸併用一棟)今後の方向性について<勝ち組大家への道>|不動産投資博士

>
>
>
>
空室対策?売却?賃貸経営12年目(ワンルーム8部屋、賃貸併用一棟)今後の方向性について<勝ち組大家への道>
勝ち組大家への道 【物件の売り方編】

空室対策?売却?賃貸経営12年目(ワンルーム8部屋、賃貸併用一棟)今後の方向性について(地域・東京都)

シェア
ツイート
LINEで送る

ワンルームを8部屋、住居併用を一棟を所有しております。

今年で賃貸経営を始めて12年を迎えます。
12年前と比べると、私と同じように自宅を賃貸と併用して建て直すお宅が増えて、周辺は賃貸物件が過剰気味な印象です。

賃貸併用住宅で所有する部屋は一度ご入居されると、比較的長く住んで頂けていて、更新が三回目・四回目の方も複数いらっしゃいます。

ただ、最近は一度空くと、なかなか決まらなくなってきました。

ご質問をしたいのは、このような状況で5年先、10年先をどう考えていけばいいのかと言うことです。
12年目で空き室が埋まるのに半年近くかかるようでは、常時、空部屋をかかえていくようになるのではないでしょうか。
その間、エレベーターや各部屋の施設の保守管理などを考えると、見通しは明るくないように感じます。

たまに不動産会社から来る話も、ウィークリーマンションのような使い方をしたいと言うような受け入れがたい話で、値が下がる前に売却するのも方法かと思えるようになってきました。
プロの方々のご意見を伺えればと思います。よろしくお願い致します。
空室対策?売却?賃貸経営12年目(ワンルーム8部屋、賃貸併用一棟)今後の方向性について
Answer

売却も一つの資産運用。収益性を物件ごとに概算してみては

築年数等物件の概要がわからないので、すべてが当てはまるとは言えませんが、 ワンルームに関しては弊社も数多く扱っており、売却も一つの資産運用だと考えています。

当然ながら現在の借り入れや所有物件のスペックにもよるのですが、売却可能価格は間違いなく上がっております。

ですが、それもいつまで続くかは誰にもわかりません。
ある程度の利益が確定できる価格であれば、今後の賃料下落・空室期間も視野に入れリスク回避も含め検討してもいいかもしれません。
毎年新築物件は建っているので空室が増えていくのは至極当然のことだと思います。
その競争に勝つためには家賃を大幅に下げたり、内装にかなり手を入れないと入居者が埋まらないということもございます。
今後かかってくるであろう修繕費を概算でもよいので出し、そこからどれくらいの期間で回収できるかを見極める必要があります。現在の収支を見て、運用するものと売却するものを決めていかれたほうが良いと思います。
株式会社ウィルプライズ
株式会社ウィルプライズ  専務取締役 兼 営業本部長 荻原 暁
〒143-0023
東京都大田区山王3-27-6 大森ラルタビル7階
TEL:0120-485-999/FAX:03-5718-4030
http://www.will-prize.co.jp/
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

AD

収益物件クイック検索

⇒詳細条件から検索をする

無料売却査定依頼

PAGE TOP