狙い目な一棟マンション・投資マンションと2棟目以降の不動産経営の注意点とは? -アースプロジェクト-|不動産投資博士

>
>
>
>
狙い目な一棟マンション・投資マンションと2棟目以降の不動産経営の注意点とは? -アースプロジェクト-
コラム/インタビュー突撃取材!「不動産投資」成功への道

狙い目な一棟マンション・投資マンションと2棟目以降の不動産経営の注意点とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

【必見!】狙い目な一棟物件の特徴と注意ポイント。2棟目以降の注意点。
自社売主の収益物件販売を主体とし、
何よりも物件のご購入を真剣にお考えの方との時間を一番大事にしたいと考える、アースプロジェクト。
豊富な経験と知識をお持ちの高橋社長に、1棟マンションについてのアドバイスポイントをお伺い致しました。
株式会社アースプロジェクト 代表取締役社長 高橋 広
1.狙い目な1棟マンションの特徴をお聞かせ下さい。
− 『CFだけを考えられる方は地方物件、安定感を求められる方は一都三県の物件』

よく、これを投資家さまから聞かれるんですが非常に難しいですね。
CF(キャッシュフロー)だけを考えられる方は地方物件、安定感を求められる方は一都三県の物件がいいのではないでしょうか。
金融機関からの融資を使う方、使わない方によっても大きく変わってくると思いす。
融資を使う方は積算価格が売買価格を上回っているのが最低条件かもしれません。

投資家さま自身のリスクとリターンのバランスで、取得する物件は変わってきますが、私が考える狙い目の一棟、言い換えると私自身が欲しい物件を考えると以下になります。

株式会社アースプロジェクト
シェア
ツイート
LINEで送る

あなたにおすすめの収益物件

AD

無料売却査定依頼

収益物件クイック検索

⇒詳細条件から検索をする

無料売却査定依頼