固定資産税の納付後、7月1日に所有物件を売却した際、7月1日〜12月31日までの固定資産税は戻ってきますか?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 売却 > 売却 固定資産税 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 固定資産税の納付後、7月1日に所有物件を売却した際、7月1日〜12月31日までの固定資産税は戻ってきますか?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2016年3月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

固定資産税の納付後、7月1日に所有物件を売却した際、7月1日〜12月31日までの固定資産税は戻ってきますか?

CASE 1固定資産税の納付後、7月1日に所有物件を売却した際、7月1日〜12月31日までの固定資産税は戻ってきますか?

シェア
ツイート
LINEで送る

固定資産税は、その年の1月1日時点での所有者に、一年分をまとめて請求する税金です。
ですので、年度内で所有者が変わっても、市町村から返金されることはありません。

ただ不動産取引の中では、買主が売主に、固定資産税の残日数分(質問でいうと7/1〜12-31の日割り分)を清算して支払うことが多いようです。

ただし、これは買主の義務ではなく、あくまで商習慣の中の慣例というかたちですので、強制力はありません。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

正確には答えると戻ってはきません。
納税義務者は1月1日に所有されている人にのみ課税されます。

ただし、売買時に通常は清算致します。
物件引き渡しの前日までが売主負担、物件引き渡しの日から12月31日までが買主さん負担で清算するのが一般的です。

でも、この清算をする起算日は1月1日の地域と4月1日を起算日としているエリアがあるのでその習慣に従って下さい。
富士企画株式会社
回答会社

東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

シェア
ツイート
LINEで送る

AD

vAv

PAGE TOP