原価法とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 原価法とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

原価法とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

原価法とは、不動産鑑定評価等においての評価方法の一つ。対象不動産の再調達原価(同じ場所で同じ建物を建てた場合にかかる原価)を算出して、減価修正(経過年数によって下がった価値の分だけ修正)を行うことで不動産の価格を算出する。

関連キーワード
関連記事

物件(不動産)を評価する時の積算評価とはどのようなものでしょうか?-投資博士で勉強しよう!-

…投資限定の不動産投資セミナーや個別相談会も随時開催中です。 不動産鑑定の代表的な手法として、取引事例比較法、原価法、収益還元法があります。 ここ…





シェア
ツイート
LINEで送る

AD

PAGE TOP