収益還元法とは?<不動産投資用語集>|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 【投資博士】用語集 > 収益還元法とは?<不動産投資用語集>
不動産投資用語集

収益還元法とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

収益還元法とは、収益用の不動産を鑑定する際の評価方法の一つ。年間の見込み賃料から諸経費を差し引いた純利益を還元利回りで割って不動産価格を算出する方法。

関連キーワード
関連記事

昭和35年築で賃借人がいる建物の売却は可能?<勝ち組大家への道>

…需用の物件とは査定方法が違います。 馴染みのない言葉かもしれませんが、【収益還元法】という方法で査定をします。 冒頭に、原則売却可能と言ったのは…

収益物件の相場を調べる方法はありますか? -投資博士で勉強しよう!-

…と思います。 不動産投資用物件の価格は、ほとんどが収益還元法(家賃総収入の金額から利回りで逆算して物件価格を算出)で決まるので、定期的に物件情報を…

収益物件を購入する時は、「ローンが通る物件なのか」を見極めること!-株式会社ウェルクレスト-

…のではないでしょうか。 私は、将来、収益物件が生み出す収益をもとに評価をする収益還元法についても確認しておくことをおすすめします。 なぜなら、銀行が…

物件(不動産)を評価する時の積算評価とはどのようなものでしょうか?-投資博士で勉強しよう!-

…も随時開催中です。 不動産鑑定の代表的な手法として、取引事例比較法、原価法、収益還元法があります。 ここからは少し分かりにくい表現ですが、積算評…





シェア
ツイート
LINEで送る

AD

PAGE TOP