金融機関から融資を受ける際の変動金利と固定金利の違いは?-投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 金利 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 金融機関から融資を受ける際の変動金利と固定金利の違いは?-投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2015年6月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

金融機関から融資を受ける際の変動金利と固定金利の違いは?

CASE 3金融機関から融資を受ける際の変動金利と固定金利の違いは?

シェア
ツイート
LINEで送る

「固定金利」は借入時の金融情勢で金利が決まりますので、その後の金利の変動に影響を受けず、返済額が一定で変わることはありません。

逆に「変動金利」は 短期プライムレートに連動して、金利が変わりますので、現在のような低金利時代は、固定金利より金利が低いですが、高金利時代になると、返済額が大きくなる可能性があります。

金利の見直し時期は、毎年4月1日と10月1日の年2回が多いようです。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

変動金利は金融機関との取り決めて市場金利をベースにしてそのベースにして決まった金額に銀行が考えるリスク分の利率を付加します。

例えば 市場金利が現段階で1.0%で銀行が考えるリスク分の利率が0.5%であれば、1.5%が借入金利になります。
変動金利の場合、一定のタイミングでベースとなる市場金利の変動とともに変化していきます。
市場金利が1.2%になれば1.7%が金利になります。固定金利は最初に決めた金利が借入期間中継続して適用されます。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

シェア
ツイート
LINEで送る

AD

vAv

PAGE TOP