不動産所得が5,000万円以上ある場合、所得税の税率を下げる方法はありますか? -投資博士で勉強しよう!-|不動産投資博士

不動産投資博士トップ > 購入 > 購入 所得税 > 【投資博士】投資博士で勉強しよう! > 不動産所得が5,000万円以上ある場合、所得税の税率を下げる方法はありますか? -投資博士で勉強しよう!-
不動産投資博士で勉強しよう!
2017年6月
  • CASE1
  • CASE2
  • CASE3

不動産所得が5,000万円以上ある場合、所得税の税率を下げる方法はありますか?

CASE 3不動産所得が5,000万円以上ある場合、所得税の税率を下げる方法はありますか?

シェア
ツイート
LINEで送る

不動産所得がいくらであっても、取得税の税率を下げる方法というものは存在しておりませんが、結果として所得税が下がる方法として一般的に投資家さんの間で行われている方法をお伝え致します。

この5,000万の所得を得るのにきっとリフォーム代などの沢山の経費が掛かっていると思いますので、そちらを経費計上すれば所得が下がるので、自然と所得税率も下がって行きます。

この様に大きな経費を沢山使いたい方は、築古の木造アパートを購入して、大きな減価償却を受けて行っている人も多く見受けられますが、税期の事は税務署や税理士さんへ相談した方が間違いありません。
富士企画株式会社
回答会社

東京都新宿区四谷1-19-16 第一上野ビル6F
TEL 03-6380-6780 / FAX 03-6380-6783

不動産所得が5,000万円以上ある場合は資産管理会社などの法人を設立した方が良いと思います。
法人では家族を従業員にしたり所得を分配する事が可能です。
日本AMサービス
回答会社

東京都中央区日本橋堀留町2-7-1-1201
TEL 03-5623-2325 / FAX 03-6732-3136

個人の所得の場合は、累進課税ですのでおそらく最高税率で課税されます。
所得税が最高税率の場合には、節税方法としては資産管理会社を設立して法人税を納めた法が税率が低い場合がございます。
株式会社リッチロード
回答会社

東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル40階
TEL 03-6161-1555 / FAX 03-6161-1556

シェア
ツイート
LINEで送る

AD

vAv

PAGE TOP